Sushi_tokyogallery.jpeg

Date & Place 

 

July 24 (sat) – September 4  (sat), 2021 

 

Tokyo Gallery + BTAP | Tokyo 7F, 8-10-5, Ginza, Chuo-ku, Tokyo

On July the 24th, Tokyo Gallery+BTAP (Tokyo) will host a group exhibition, “Sushi – A World in a Grain of Sand” featuring works of eleven artists from Japan, China, Hong Kong, the Philippines, and Iran. The exhibition is curated by Xn Office, a young Chinese curator team founded by art historian Penny Dan Xu and artist Ni Youyu. Displaying artworks of exceptionally small size, this exhibition celebrates the exquisite, and calls our attention to the power of the minute.

 

The title of the exhibition references the documentary Jiro Dreams of Sushi (2012). Jiro Ono, the main character of the film, is more than a master chef, he is an artist chasing perfection in something very small. In the same fashion, the exhibition centers on a set of keywords, such as ‘minuteness’, ‘delicacy’, ‘ordinariness’, and ‘craftsmanship’, displaying works in different media, all of which invite the viewer to “see the large in the small”.

この度、東京画廊+BTAP ではグループ展『SUSHI— A World in a Grain of Sand』を開催いたし ます。日本、中国、香港、フィリピン、イランから計 11 組の作家の作品が一堂に集結する本 展は、中国の若手キュレーター・ユニット集団 Xn とのタイアップによって実現したものです。 人々の眼差しを指先サイズの作品へと回帰させ、精巧につくられた小さいものへの礼讃を本展 の趣旨としています。

展覧会タイトルの「SUSHI」は、鮨職人の小野二郎氏を追ったドキュメンタリー作品『二郎は鮨の夢を見る(Jiro Dreams of Sushi)』からインスパイアされたものです。小野氏は、料理人であると同時に、定められた型枠の中で、手技の極みを追い求める芸術家でもあります。SUSHI いとぐちということばを題することで、「細微」「精巧」「日常」「手技」を 緒 に、異なるメディアの 作品群を通して、「小中見大(小さいものを通して大きいものをみる)」といった真義の提示 を試みます。